FC2ブログ

プロフィール

紫苑

Author:紫苑
紫苑です。主に丸呑みやえっちぃ絵を描いて生きてます。たまに自分の好きな本とかを紹介してたりします。強くなりたい。

ぴくしぶ→ http://www.pixiv.net/member.php?id=3715344

ついったー→ SioN7188


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
429位
アクセスランキングを見る>>

訪問者


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸呑み漫画6

丸呑み8

こんばんは。紫苑です。最近ピクシブで私のペンネームの由来を聞かれた機会がありました。もちろんこの名前は本名からとったわけではないです。私はこんなんでも花が好きです。それと一緒に花言葉も好きです。花言葉にはその花に関するエピソードがあったりします。というわけで、この「紫苑」も花です。花言葉は「追憶」というものです。みなさんも好きな花の花言葉など調べてみてはどうでしょうか。

はい。以下は連載漫画続きです。前回の内部絵は自分でもあんまし良くない、分かりにくいかなと思いまして少し変えてみました。こっちのが個人的には好きな表現ですのでこれからはこちらの方で描いていく予定です。ではでは長くなりましたがキャプションです。


凛が呑みこまれて約10分で、すでに彼女の身体は上半身は完全に触手の中に納まってしまった。中では肉壁により身体を締め付けられる凛の姿があった。彼女の形の良い胸は押し付けられ、彼女の身体をひだ状のものが弄り回す。そのたびに凛の身体には粘液が絡み付き、ずるずると奥の方へ呑みこまれていく。それでも凛は抵抗を続けた。すでに腰辺りまで呑みこまれ、できる抵抗も限られていた。それでも体力が持つ限りなりふり構わず暴れた。抵抗をやめたら確実に自分は呑みこまれると思ったからだ。しかし、凛に残された体力も、そして時間ももはや残っていなかった。凛の身体はどんどん呑みこまれ、残すはピンクのミニスカートから伸びる凛の自慢の美脚だけであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://negative569.blog.fc2.com/tb.php/28-c4447f67

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。